東京でブランド品を買い取ってもらう際のポイントとは

東京でブランド品を高価買取してもらうには

東京内にあるブランド品店のサイトをいくつか開き、高価買取中になっている商品があるか調べます。手持ちのブランド品と同じ画像がサイトにあり、高価買取になっている場合は売り時と判断できるので店に行きましょう。他の人も同じことを考えるといけないので、見つけたらすぐにでも足を運ぶべきです。
在庫が1つくらいなら買取価格はそのまま維持されます。ですが、3つ以上になると在庫があると店が判断し買取価格を引き下げるので、サイトで情報が出ていた時は迅速な行動が必要です。
ネットオークションサイトを開き、そこに手持ちのブランド品を出品させるのも高値で売る方法です。この時は安い価格に設定しておけば、欲しいと希望する人が集まるので勝手に値段が高くなります。適正価格の半値くらいになれば上々なので、その付近まで値を付けた人に落札させてあげると良いです。
ブランド品のダイヤや宝石類は、購入した当初は厳重に包装されています。勿体ないかもしれませんが、1度も包装を解かずに放置すれば価値を落とさないまま保存ができるので、後で売る予定なら取出さない方が良いです。包装されたままの状態で東京のブランド品買取店へ所持すれば、業者は新品と同じように見てくれるので高い値段で売れます。

東京のブランド買取屋

ブランド品を東京の買取屋に売る際のポイントをいくつか紹介したいと思います。まず、売るブランド品を軽く手入れしましょう。特にバッグなんかにほこりが被っているままだと査定に影響が出る可能性があります。ある程度で良いので掃除は行っておきましょう。
東京は池袋や渋谷などの中心部にブランド買取屋が多くあるので、その辺りに行ってみると良いでしょう。大手買取店もあれば個人経営の買取店もあり、さまざまな品を幅広く受け付けています。また、買取値段も店によって異なります。なので、1店舗目で妥協するのではなく、何店舗か違う店を回ってみると良いでしょう。大きい時では数千円、下手すれば万単位で買取価格が異なる場合があるので、やはり何軒か回ってみるのが良いと思います。
アクセサリーやネックレスを売る場合は質屋に持っていく前に、一度磁石に反応するかしないかを確認してみましょう。反応した場合は買い取ってもらえない可能性が高いです。私は以前、ブランド品だと思いこんでたネックレスを質屋に売りに行き、査定の際磁石に反応して、その場でにせものをつかまされていたことに気づきました。恥ずかしいしショックも大きいので事前に確認しておきましょう。